邦画

テルマエロマエ2 映画レビュー

テルマエロマエ2 あらすじ

古代ローマ帝国。平たい顔族(日本人)のアイデアを採り入れた斬新なテルマエ(浴場)を作って評判となった真面目な浴場設計技師ルシウス。今度はハドリアヌス皇帝からコロッセオにグラディエイターたちを癒すテルマエを建設するよう命じられる。しかしまったくアイデアが浮かばず悩むルシウスは,またしてもお風呂を通じて現代日本へとタイムスリップしてしまう。するとそこで,風呂専門雑誌のライターに転向していた山越真実と驚きの再会を果たすのだったが・・・。

(FODより引用)

テルマエロマエ2 キャスト

阿部寛/上戸彩/北村一輝/竹内力/宍戸開/笹野高史/木下隆行/市村正親/キムラ緑子/勝矢 他

テルマエロマエ2 映画レビュー

テルマエロマエ2もおもしろかったですね。やっぱりこれだけ観てもだめですね。しっかりと前作から観ないと。

前作を観てない方はまず前作からどうぞ!

あわせて読みたい
テルマエロマエ 映画レビューテルマエロマエ あらすじ 古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう,ヤマザキマリの人気コミックを実写映画...

裏で奴隷が大活躍

全体的に近代の文明で自動に動くものとかを,ローマ人の発想では裏で奴隷が動かしているとしか思えないのがおもしろいです。

トイレのフタが自動的に開くタイプのやつとか,マッサージ器とか,モグラ叩きゲームとか。

しかも実際にローマでは奴隷にやらせてるっていうのが(笑)

レジャータイプの温泉も奴隷がお湯を運んでスライダーのお湯に利用してるとか,シャボン玉ふかせたり(笑)

黒いズッキーニ

テルマエロマエ2で1番印象に残っているキーワードは「頭に黒いズッキーニを乗せている」でした。

何のことかわかりますか?これは本編を観てもらいましょう。まあストーリーにはまったく影響しませんが(笑)

でもキラーワードだな〜

松島トモ子が熊と戯れる

熊が温泉に入ってるシーンがあったのですが,その熊と松島トモ子さんが仲良くしてました。

いや,松島トモ子さんは熊じゃなくてライオンだから(笑)

まとめ

話をまとめると「お風呂を作って世界平和」ですね。テルマエが戦争をとめたんです。

その大筋よりも,ローマ人が日本のお風呂の文明とかに着目して,学んでいく様子がおもしろいですね。

 

笑えるんですけど,彼らは大まじめだし,不完全ながらそれをローマに持ち帰って,実際に戦争をとめてるんですよね。

そうやってちょっと深く考えると感動する映画です。

 

でもそういう感動はあまり感じさせてくれません(笑)

だからこそ気軽に観れてよい映画だと思いますよ。

ABOUT ME
YO
映画,ドラマ,アニメ,漫画,本,など誰かの頭の中の出来事を具現化してある「作品」が好き。