アニメ

ソードアートオンライン オーディナルスケール 映画レビュー

ソードアートオンライン オーディナルスケール あらすじ

時間:120分

2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫―― その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。

それから4年・・・・・・。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように,一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに,AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。その爆発的な広がりを牽引したのは,≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲームに,キリトも参戦しようとするが・・・・・・。

(FODより引用)

ソードアートオンライン オーディナルスケール 原作 脚本

川原礫(「電撃文庫」刊)

ソードアートオンライン オーディナルスケール 映画レビュー

いや〜おもしろかったです。ここ最近で1番のヒット。

 

アニメ版のソードアートオンラインを観てないとこの映画のよさはわかりません。

1期と2期のストーリーを知らないと感動できないところもいくつか。

もしまだアニメを観てない方はまずはそちらから観たほうがよいでしょう。

 

それではレビューいきたいと思います。

ラストの戦闘のアスナのソードスキル

ラストの戦闘でアスナがソードスキルを使いますが,これは2期である最強プレイヤーから引き継いだソードスキルです。

2期の時点で「ソードスキル引き継いだけど,まあ使うときはないだろうな」と思っていたのですが,ここで使うか〜

しかも演出がにくい。これを書いていても思い出して泣きそうになります。

ラストの戦闘でのユイがやってくれた粋な演出

ラストの戦闘,ユイがSAOに残っていたセーブデータを使って粋なことをやってくれます。

あれは1期からのファンにはたまらない演出だと思います。

キリトとアスナの恋愛模様

キリトとアスナの恋愛模様,1期では盛り上がっていて,だけど見てるこっちもまったく恥ずかしくないというか,バトルアニメの中の恋愛シーンとしてはかなりクオリティが高いものだと思いました。

で,2期で恋愛色がちょっと薄くなるんですね。どちらかというか友情のほうにいっていたので。

そして,劇場版でさらに素晴らしい恋愛のシーンがありました。

キリトの気持ちがよくわかるわ〜そしてアスナは本当にいい女ですよ。

まとめ

劇場版「ソードアートオンライン オーディナルスケール」は今までのソードアートオンラインのよいところを凝縮したような映画です。

それでもだれるところもなく,すぐに2時間が過ぎました。

ここ最近で1番のヒットと書きましたが,まさかアニメの映画にここまで心躍らされるとは思いませんでした。

ABOUT ME
YO
映画,ドラマ,アニメ,漫画,本,など誰かの頭の中の出来事を具現化してある「作品」が好き。