邦画

おっぱいバレー 映画レビュー

おっぱいバレー あらすじ

1時間43分(2009年)

1979年,北九州。赴任早々,中学の弱小男子バレー部顧問になった新任女性教師,美香子は,やる気ゼロの部員たちに“試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり得ない約束をさせられてしまう。そんな約束に戸惑う美香子をよそに,部員たちはおっぱいが見たい一心で練習に打ち込み,別人のように強くなっていく。ピンチを迎えた美香子先生…

(Huluより引用)

おっぱいバレー キャスト

綾瀬はるか
木村遼希
高橋賢人
橘義尋
本庄正季
恵隆一郎
吉原拓弥
青木崇高
仲村トオル
田口浩正
市毛良枝
光石研
石田卓也
大後寿々花
福士誠治
小島藤子
斉藤リナ
小林勝也
三木敏彦
野田晋市

おっぱいバレー 映画レビュー

綾瀬はるか,この映画「第33回 日本アカデミー賞」と「第52回 ブルーリボン賞」を受賞してる…

確かに当時けっこう話題になった気がします。その時は観なかったんですよね〜

おっぱいバレーの印象に残ってるシーンはこんな感じです。

綾瀬はるかが暑くて服でパタパタしてるシーン

おっぱいバレーというわりにはお色気シーンが少ないんですよね。

このシーンが唯一だったんじゃね?くらい他を覚えてない…

綾瀬はるかってナイスなバストをもってると思ったんですけど,作中ではそこまで目立ちませんでしたね。

男としては残念(笑)

バレー部男子が先生をかばうところ

「1勝したらおっぱい見せる」という噂が広がって,綾瀬はるかが校長室に呼ばれたとき,男子バレー部も全員呼ばれてたのですが,教頭が綾瀬はるかを問い詰めてるときに「僕たちが勝手に盛り上がってるだけです」って男子がかばうところ。

正直,これ以上の返しはないんじゃないかって思います。とてもすごい機転です。

ただ,それを綾瀬はるかは無駄にしちゃった…嘘をつきたくないって言ってたけど,そこは甘えとけばよかったのにって思います。

バレー部男子がバレーボールを胸に入れてるところ

男子がバレーボールを胸にいれて巨乳に見せていたのをみて,綾瀬はるかが「おっぱいでかすぎ!」って言うのおもしろかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら観る前と観た後では「思ってたのと違う」感があるかもしれません(笑)

ただ「男ってやっぱりバカだな〜」と思えますし,バカなりにまっすぐなところも見えて「おっ」って思えます。

ぜひ観てみてください。

ABOUT ME
YO
映画,ドラマ,アニメ,漫画,本,など誰かの頭の中の出来事を具現化してある「作品」が好き。